耳鳴り

セサミンに含まれる栄養成分について

ゴマに含まれる成分の一つでセサミンと呼ばれるものがあります。
いつも食べるわけではありませんが、何かと食べる機会が多いゴマですが、あまりにも小さい粒ですので、どんな効果があるのか、よく知らないという人も多いでしょう。
バランスのいい食事をしている人は、いつの間にかセサミンを食べていることがほとんどです。

でも、ゴマの成分にどれほどの効果があるのか、正確に知っているという人は少ないでしょう。
そこでセサミンの栄養成分について少し知っておくようにしましょう。
ゴマには抗酸化物質のリグナンと呼ばれる物質があり、特にゴマにはたくさん含まれています。

リグナンは抗酸化物質だといいましたが、酸化を防ぐ働きのある物質のことを指しています。
ゴマの場合はゴマリグナンということになり、とても強い抗酸化作用があります。
その中でセサミンがわずかに含まれています。

その比率も1%以下になっていますが、セサミン以外にも抗酸化作用のある成分がいくつか含まれています。
セサミンは、肝臓の中でその強い抗酸化作用を発揮します。
抗酸化物質にはセサミン以外にもたくさんありますが、多くは水溶性です。

肝臓まで行くことができるのは、脂溶性のセサミンだけです。
脂溶性のため、体内の細胞膜を通り抜けてきちんと肝臓にまで届くようになっています。
さらにセサミンは、肝臓に届いてからその効果を発揮するものですので、とても頼もしい栄養成分です。

肝臓の機能を高める効果の他、コレステロール値を下げ、高血圧を予防してくれます。
されにガンの予防にも効果があり、あの小さなゴマの中のそのまたごく微量の成分が、こんなにも優れた効果があるということになります。
ゴマというと、日常の食事の中で知らず知らずのうちに食べていますが、もし足りていないということであれば、セサミンのサプリメントを常用して毎日摂取するようにしてください。
症状別セサミンサプリメントの選び方がこちらで紹介されていますので、あなたの目的に 合ったサプリメントを服用してください。
他にも疲労回復や便秘、アンチエイジングにも効果があるとされています。

このページの先頭へ