耳鳴り

セサミンの摂取方法で気を付けること

セサミンを摂取しようと思うとどんな方法があるのでしょうか?確かに素晴らしいパワーがあるとされていますし、ゴマもスーパーで販売されていますし、レストランなどでも調味料として見かけることが多いでしょう。
主婦や料理人でもない限り、ゴマをどう食事に取り入れていったらいいのかよくわからないということもあるでしょう。
基本的には市販のゴマを購入して、うどんや蕎麦、お吸い物や味噌汁などに添えてみたり、おひたしやとんかつの味噌に入れることもあります。

こまめにセサミンを料理の中に取り入れるとゴマもすぐに無くなってしまうでしょう。
ただ、いくらゴマが小さいからといって、毎日ゴマを食べていると、ゴマの食べ過ぎになってしまいます。
ゴマにはセサミンだけではなく、ビタミンやカルシウム、カリウム、マグネシウムなどたくさんのミネラル分が含まれています。

いくらゴマが小さいからといっても、タンパク質や糖質・脂質などといった高カロリー成分が多く含まれていますので、食べ過ぎてしまうとカロリーを摂り過ぎてしまうことがあります。
たくさん食べると、カロリーが過剰に摂取され、ゴマのセサミンなどの体に必要な栄養素がそのまま排出されてしまいます。
そんなときは、ゴマをすりつぶして外皮を取り除いて、摂取する量を少なくすると、ちょうどいい量のゴマを摂り入れることができます。

ゴマを食べるときの目安は、一日10mg程度がいいでしょう。
ゴマの栄養素はセサミンだけではありませんので、少なくすることで食事に適度に使う程度でいいでしょう。
足りないセサミンやその他の栄養素はサプリメントで補うことをオススメします。

このようにゴマの食べ過ぎには気をつけてください。
これも、適切な量を知らなければ、わからないことです。
一日の目安量を参考にしながら、食事で使うゴマに関しても調整していくようにしましょう。
あの小さい粒に多くのパワーが詰め込まれていると思うと、素晴らしい食材だといえます。

このページの先頭へ