耳鳴り

セサミンの摂取方法で効果的な方法

セサミンは、ゴマのままで毎日の食事の中で摂取したり、サプリメントなどを通して摂取することが多くなります。
できれば、より効果的なセサミンの摂取法を知りたいと思いませんか?同じ健康食品であっても、摂取法に違いがあれば効果に違いが出ることは間違いありません。
セサミンを一日にどれだけ摂取すればいいかといえば、約10mg程度だとされています。

この量が多いのか少ないのかわかりませんが、ゴマはとても小さな粒です。
目に見えますが、吹けば飛ぶような小ささです。
そのゴマに含まれているセサミンといえば、全体の1%程度です。

この数字だけを見てもとても少ない量だということがわかるでしょう。
そして、一日に必要なセサミンの摂取量を計算してみると、3000粒になってしまいます。
一日にこんなたくさんのセサミンを食べることはなかなかできません。

それにゴマ3000粒というと、セサミン以外の栄養素がたくさん含まれているということもあり、栄養のバランスを欠いてしまいます。
つまり、一種類の栄養素だけを考えて多量のゴマを食べると、逆に不健康になってしまいます。
特にゴマに含まれている脂肪分は、不飽和脂肪酸と呼ばれるものです。

この脂肪分は脂溶性のものになりますので、血液中に溶けることなく、肝臓にまで届けることができます。
セサミンは肝機能の働きをよくしてくれますが、それは脂溶性と呼ばれる性質のおかげだったのです。
脂肪分が多すぎるとやはり健康を害してしまいます。

これも量の問題になります。
もし健康や美容に対する効果を求めるなら、サプリメントタイプを選んで、必要な栄養素を摂り入れるようにすればいいでしょう。
サプリメントにもいろいろな種類があり、健康のバランスを考えていろいろな種類の栄養分を配合したものがたくさん出ています。

必要量を守り継続して飲み続けるようにしてください。
サプリメントは最初から一日の摂取量を考えた効果的なものが販売されています。
その指示通りに飲んでいれば、まずは問題なく健康を維持することができるでしょう。

このページの先頭へ