耳鳴り

抗酸化作用はセサミンで対応

ゴマに含まれる成分として一番有名な効果は、抗酸化作用です。
抗酸化作用というと、専門用語ですから、難しく感じるかもしれません。
簡単にいうと、活性酸素が体を酸化させていくのを予防する作用のことを指しています。

活性酸素は酸素が酸化し体にとって有害な物質になってしまい、細胞や体の各部分を傷つけてしまうということです。
体が酸化すると老化も早まってしまい、体の各機能の衰えも早まってしまいますので、気をつけたいところです。
抗酸化作用はアンチエイジング効果とも呼ばれていて、とても注目されている作用です。

活性酸素を取り除くことができれば、体も若々しくなり、新陳代謝も活発化し、ダイエット効果も生まれます。
女性には女性ホルモンを保つ効果もあります。
このようにセサミンの抗酸化作用は、体にとてもいい影響を与えてくれるということです。

抗酸化作用が最も優れているとされていますが、他にもコレステロール値を下げることができ、糖尿病やメタボ気味の体形の人にもとても有効です。
血液もきれいにさらさらになり、高血圧や動脈硬化の予防にも最適です。
ゴマに含まれるセサミンは最も優れた抗酸化物質の一つとして挙げられるくらいです。

ただ、セサミンは、ごまの成分の中でも1%程度の成分しかありません。
ゴマを使った料理もよく食べることがあると思いますが、毎日食べているわけではありません。
健康に必要なゴマの量は食事では摂れないこともあります。

また、通常ゴマは硬い殻で覆われていて、吸収率があまりよくないということもあります。
たくさんのゴマを食べると逆に脂質を摂ることが多くなってしまいます。
ゴマをそのまま摂取していては、少し効率が悪いのでサプリメントを活用するといいでしょう。

セサミンを多く含んだサプリメントも販売されているのでオススメです。
いつもゴマ料理を食べているわけにはいきません。
そこで現在ではとても便利な健康食品が販売されるようになったというわけです。
また、セサミンの効果的な摂取方法についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ